特定医療法人 橘会

みずほ台病院ロゴ

049-252-5121

病院案内 ごあいさつ

橘会 みずほ台病院は、「人間性を尊重し、地域社会の健康増進に努めます。」という理念のもと、昭和54年の 開院以来、富士見市及びその周辺地域の急性期医療を担う病院として地域医療に携わっております。
この度、全面的にリニューアルいたしまして、床面積も国の基準を超えて十分に広くするなど、ご健康の回復に適した環境作りに努めました。
今後もより良質な医療、看護などの提供を目指します。「困ったときは、みずほ台病院へ行けば何とかして くれる」という認識が皆様に頂けまして、実際に健康増進に役立つことが私たちの最大の喜びであります。
よろしくお願い申し上げます。

平成27年 6月
橘会 みずほ台病院 院長 井坂勝利
副院長 井坂直秀

院内画像・1

日差したっぷりの明るいロビー

院内画像・2

診察室や検査室など、わかりやすく表示しました

院内画像・3

診察室も明るく広々と

院内画像・4

スタッフステーション

みずほ台病院の沿革

昭和54(1979)年6月 みずほ台病院設立(院長 井坂 進次。48床)
昭和54(1979)年10月 CTを導入
昭和55(1980)年5月 2次救急指定病院
昭和56(1981)年10月 医療法人橘会設立(法人に移行)
平成5(1993)年3月 特定医療法人に移行
平成12(2000)年2月 井坂勝利 みずほ台病院院長に就任
平成16(2004)年度 埼玉県救急医療功労医療機関として埼玉県より表彰
平成18(2006)年12月 新館増設。MRI導入、規格適合リハビリテーション室設置
平成19(2007)年4月 井坂義昭 歯科部長、埼玉県歯科医師会会長に就任
平成21(2009)12月 日本大腸肛門病学会認定施設となる
平成27(2015)5月 新病院1期工事完了 新病院での診察を開始